総合ビルメンテナンスとは、

「ビル内外のさまざまな汚れを除去し、建築物の美観を向上させる清掃などの環境衛生管理」

「電気・空調・給 排水設備をコントロールし、快適な生活空間づくりを行う設備管理」

「お客様の生命・財産を守り、ビル内外の多くの利用者に゛安心"を 提供するセキュリティ(警備)」の三分野を中心に、ビル運用に関わるサービスを提供する事業の総称です。

ビルのライフサイクルを考える上で、これらの分野が有機的に関連することが最も重要な要素

です。東洋実業はビルメンテナンスの専門企業として約4,500人の従業員を擁し、一貫した

管理体制でフレキシブルに社会環境に対応します。

清掃管理業務設備管理業務警備 保安業務



ホテル管理業務ファシリティマネジメント

指定管理者制度への取り組み

指定管理者制度とは、公共施設の維持管理・運営業務等を効果的、効率的にするために、

公共施設の管理に民間企業の能力を活用し、多様化するニーズへの対応のため、サービス

向上を図るとともに、経費の削減を図ることを目的として導入された制度です。

弊社では従来より、各種の公共施設の維持・管理に関する業務において経験を積んでまいり

ました。それら積み上げたノウハウを活用する機会ととらえ、指定管理者制度に積極的に取り

組んでいます。公共施設として適切な管理を行なうこととし、施設・設備の維持及び利用者、

地域住民のニーズに対応し、快適な環境空間の確保と維持に努めます。

Copyright 2006 ToyoJitsugyo All Rights Reserved.